現代アート作家 そのだ正治の色んなこと art



現代美術

「飯塚のへそガエル」    作/其田正治

はるか昔 飯塚村のカエルには大きな「へそ」がありました。
ある日 都から 祭りの獅子が来るという話が
その村に伝わりました。

今まで見たことのない 祭りの獅子に村人たちは 
いろんな想像をしました。

「シシとは 目が大きく 口のさけた化け物でおへそが大好物なそうな」
などと噂話が広がりました。

それを聞いたカエルは 自分の大きなへそを見て
「こりゃ 食べられたら かなわん。」
と 思い ハエに相談に行きました。

「ハエ君 どうか ぼくのおへそをかくして下さい。」

と うるさく ケロケロとなくカエルを見て
ハエは何のことだかわからないが、へそがなくなればいいんだなと勘違いをしました。

カエルが夜 寝静まったころハサミで蛙のおへそを「チョキン」と切ってしまいました

朝めざめたカエルはびっくり

その日からカエルにはへそがなくなり
ハエを見つけると食べてしまうようになりました。

そのときとった「カエルのへそ」は福岡のへそ(中心位置)に
あたる飯塚という町に祭られているそうです。
f0119059_11384934.jpg


「みんなともだち/かえる」陶作品H210×w170×R130
http://sonodamasaji.com/
[PR]
by 1959113 | 2013-02-10 12:00
<< 現代アート 美術装飾門扉 >>


現代アート作家 そのだ正治の色んなこと
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
book of raa ..
from book of raa fr..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル